2018年7月6日金曜日

西野J W杯メンバー 最終型 それでも

W杯サッカーの日本の戦いは終わった。 1・2・4戦目のスタメンが最適(最強)メンバーだったのだと思う。 3戦目のパフォーマンスの悪さから見れば、誰でもわかること。 GK:川島、 STB:吉田、昌司 SDB:長友、酒井ひ DMF:長谷部、柴崎 OMF:香川 FW:大迫、乾、原口 (STB:センターバック、SDB:サイドバック、DMF:ボランチ、OMF:トップ下) 上記に文句はないし、逆に予想外(予想以上?)の活躍を見せてくれた選手もいた。 原口と昌司だ。つまり、あとのメンバーはやってくれると思っていたということです。 しかし、控えのメンバーとしては、宇佐美は世界レベルにはないし、武藤はせっかくの精神的な部分がまだでせっかくのパフォーマンスを活かしきれていない。 さらに山口と酒井ごはある程度まではいっているが浪があり、オフェンスとしての能力に欠ける。 絶対に言えることは、宇佐美の代わりに中島にするべきだった。乾の控えは中島というか調子の良いほうを使えばよい。 武藤も代わりに伊東じで、原口、本田の控えとして置いときたかった。 山口と酒井ごのボランチとサイドバックについては、長谷部も代表を引退したので、新たに発掘するか育成する必要があると思います。 それに、次(4年後)は上記のメンバーは使えないだろうから、新たな発掘と育成は必須ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

西野J W杯メンバー 最終型 それでも

W杯サッカーの日本の戦いは終わった。 1・2・4戦目のスタメンが最適(最強)メンバーだったのだと思う。 3戦目のパフォーマンスの悪さから見れば、誰でもわかること。 GK:川島、 STB:吉田、昌司 SDB:長友、酒井ひ DMF:長谷部、柴崎 OMF:香川 FW:大迫、乾、原口 ...