2011年1月26日水曜日

アジア・カップ 日本VS韓国

昨晩(というか今朝か)は、深夜に家族で(息子だけ寝ていた)大絶叫してしまった。
アジア・カップの日本VS韓国を家族でTV観戦していました。

点数を入れられれば、「おーぅ」「なんなんだよ~」「まだいける」と少々意気消沈。
日本選手がミスれば、「ヘタクソぉー」「まじめにやれぇ~」「おまえシロウトか」と選手を罵倒。
日本に点が入れば、「○▲×※◇☆・・・・・」と大絶叫。
そして何よりも、PK戦での川島のセーブの時は一段とトーンが上がった大絶叫!!

試合の内容としては、ゴール前以外は韓国のほうがよい試合をしていたと思う。
気迫、ボールへの寄せ、前線へボールを送り出すスピード等、どれをとっても韓国のほうがよかったと、私は思います。
ただ、韓国の攻めに対する意識が強すぎたのか、韓国のゴール前だけは日本にとっては比較的動き易かった。
というか、グループ・リーグのヨルダンとシリアががっちりとディフェンスをしていたから、攻めの意識が強かったり中盤でのディフェンスを意識していたサウジ、カタール、韓国のゴール前は日本にとってやりやすそうに見えたのかもしれません。

最初の日本の失点であるPKのもととなったファールは、手や足を使っていたわけでなく体のぶつかり合いの結果なのでファール→PKというのは厳しい判定だと思います。 
また、韓国の監督は今回の審判にクレームをつけていますが、全体的には韓国有利の日本が戦いにくくなるような判定だったと思います。

日本の1点目は、本田のパスに長友がよく走り、前田もよいポジションに入ってき素晴らしいゴールだったと思います。
長友は、シュートを何本か外し、最後のPK戦でも外していて、負けていれば戦犯扱いだったかもしれませんが、とにかく1点目の走りは素晴らしかった。

延長前半のPKによる1点は、というか、延長に入ったとたんに審判は韓国よりから日本よりになったと感じた。延長戦の前に何かあったのかもね。
日本としてはラッキーなPKだったけど、本田はどうした? 私とすれば、好きなチームの浦和レッズの細貝の代表初ゴールとなったのでよかったのだが、おもわず「遠藤に蹴らせてよ」と言ってしまいました。

延長後半の失点は、完全な韓国のねばり勝ちですね。
でも、あのねばりの攻めを防げないとこれからは難しいね。
あと、本田拓!! あやつのファールによるFKからだったよね。もう少しJリーグで修行して来い!! 昔の代表のモヒカン戸田のようで、技術(含むスピートとよみ)がないからファールになってしまうのだよ。

PK戦は言うことなし。
とにかく、川島はすげーっ!!

次は土曜日の深夜にVSオーストラリア。
準決勝でウズベキスタンと6:0でしょ?
今の日本のディフェンスでは勝てる気がどうもしないのだけど。
トゥーリオと中澤の存在は大きいよ。
あの二人がいたら、日本はもっと楽にここまで来れたと思います。
吉田もEUでびっちり修行して来い!

0 件のコメント:

コメントを投稿

サッカー オレ様「五輪ジャパン2020」 

U23アジア杯でボロ負けした五輪サッカー代表。 開催国枠で五輪には出場。 五輪サッカー代表の本番はたった18名の枠しかない。 そこにU23アジア杯では出場しなかった海外組+オーバーエイジ枠3名(最大)となると、U23アジア杯に出ていた選手の中からはほんの一握りしか出場出来ないで...