2010年3月6日土曜日

子ども達、若者たちへ その1

今日は教会の女性会で話し合いがあり「若者に元気がないので、どうにか元気を出してもらうために何か出来ないものか」と議論されたとのこと。
これをしたら、あれをしたら、色々と意見が出たそうである。

私は長い間中高生クラスの担当をしているが、自分の子供のころのようにしても駄目なんです。
学校の様子を見れば分かることで、昔の学校では先生が「右向け、右」と言ったら子ども達みんなが右を向いたのだが、今は「何故、右を向かなくてはいけないの?」「みんなが右を向く必要ない、個性を損なう」「そもそも先生には俺たちに命令する権利はない」など、こんな感じではないだろうか?

今となっては、全体で同じことをしようとすることは難しいのです。
個別対応となるわけですが、私は中学時代にバスケットをやってデフェンス方法にゾーンとマンツーマンがあり、マンツーマン、つまり個別対応のほうが圧倒的に疲れるのだ。
大人たちが、子どもに個別対応しなくてはいけないのだ。
本来ならば親がやっていることではあると思うが、昔の親は子どもに"みんなと上手くやれるように"してあげればよかったのです。
しかし、今の親に求められるところは、子どもをよく知り、その個性を伸ばすための指導・教育をしなくてはいけないのだ。
子どもがやりたい事をさせると言うこととは違うが、子どもがやりたい事と同じ場合もある。
特性・個性、性格、技量、興味などをよく見て、分析し、個性を伸ばしてあげなくてはいけない。
それが出来ている親がそれほどいるとは思えません。
私はこの辺には自信があるのですが、個人主義が強すぎて三人の子どものうち上と下、特に下は団体行動には向かない子どもに育ててしまった(しかし、今はその息子が吹奏楽部で頑張ってる)。

少々わき道にそれたが、今の子どもには親でも難しい個別対応が必要です。
子どもたちみんなに向かって「良くやったね」と言っても響かないのだ。子どもたち一人ひとりに具体的な言葉で「良くやったね」と言ってあげないと届かないのだ。
・個人的に具体的に子どもを誉めると、すごく嬉しいようだ(それは昔も同じか)。
そういう意味では、いつでもアンテナを張っていないと出来ない。

左右、上下、前後、あらゆるところを向いているのが今の子どもなので、一つのことには当てはまらない。
だから、もっと小さい範囲での何かを数多くしないと、ヒットしない子どもが出現してしまうのです。

個別には手を差し伸べられるとしても、個別のままでは冒頭の「若者に元気がない」を解決できるわけではない。
さてどうしたものか? 
私的には、日本人の特性と信仰がキーだと思うのだが、それはそのうち、   つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿

サッカー オレ様「五輪ジャパン2020」 

U23アジア杯でボロ負けした五輪サッカー代表。 開催国枠で五輪には出場。 五輪サッカー代表の本番はたった18名の枠しかない。 そこにU23アジア杯では出場しなかった海外組+オーバーエイジ枠3名(最大)となると、U23アジア杯に出ていた選手の中からはほんの一握りしか出場出来ないで...